東レ株式会社

 
HOME 技術情報 >作業環境
■技術情報 (作業環境)
 東レテクノは作業環境の実態を把握するため空気環境その他の作業環境についてサンプリングおよび分析
 をお手伝いを致します。分析事例をご紹介します。
No.2104 米国EPAの規制物質情報 〜PBT5成分のGC/MS一斉分析〜
米国EPAの規制物質情報 〜PBT5成分のGC/MS一斉分析〜
click!

米国の環境保護庁(EPA)は、2021年1月6日、有害物質規制法(TSCA)の第6条の(h)項に基づいて、 5種の難分解性、生体蓄積性および毒性を有する化学物質(PBT物質)、或いは当該物質を含有する製品、成形品の製造、加工、流通を禁止又は制限する規則を公布しました。無措置期間(180日間)も2021年9月4日(午後11時59分まで)が最終日です。東レテクノでは、PBT5種物質の分析を行います。また環境規制物質の分析に対応しております。ぜひ、お問い合わせください。

No.2101 アーク溶接作業の個人曝露測定
RoHS指令対応 フタル酸エステル類分析
click!
東レテクノでは、溶接フュームについてのご相談〜測定,評価結果に基づく保護具選定,環境改善までを全面サポートします。
・実施要否の判断支援    ・公定法に則った測定・報告
・環境改善、保護具の提案  ・フィットテストの実施
どんな内容でも結構ですのでお困り事があればご相談ください。
技術資料 化学物質の入口から出口まで(関連技術編)
化学物質の入口から出口まで(関連技術編)
click!

化学物質は、その有用性のため、文具、衣類等々の我々の身の回りの製品を製造する上で欠かせない存在です。しかしながら、化学物質の中には、使い方に配慮しなければ、人や動植物あるいは環境に対して悪影響を及ぼす物質があるのも事実です。
人や動植物あるいは環境に対する悪影響を規制するため、化学物質が製造・輸入されてから廃棄されるまでには種々の法律や規格があります。弊社では各種の法律や規格について、必要な各種測定・評価およびコンサルティングなどの業務を行っています。このたび、種々の法律や規格に関し、「化学物質の入口から出口まで」と題し、関連技術編を作成しました。

技術資料 化学物質の入口から出口まで(概説編)
化学物質の入口から出口まで(概説編)
click!

化学物質は、その有用性のため、文具、衣類等々の我々の身の回りの製品を製造する上で欠かせない存在です。しかしながら、化学物質の中には、使い方に配慮しなければ、人や動植物あるいは環境に対して悪影響を及ぼす物質があるのも事実です。
人や動植物あるいは環境に対する悪影響を規制するため、化学物質が製造・輸入されてから廃棄されるまでには種々の法律や規格があります。弊社では各種の法律や規格について、必要な各種測定・評価およびコンサルティングなどの業務を行っています。このたび、種々の法律や規格に関し、「化学物質の入口から出口まで」と題し、概説編を作成しました。

No.2005 汎用マスクから放散するガスの分析
RoHS指令対応 フタル酸エステル類分析
click!
ウィズコロナ(withコロナ)時代における社会生活においてマスクを着用する機会が大幅に増えております。マスクは顔や肌に直に接触し、口や鼻を覆います。また、マスクを透過させた空気を取り込んで呼吸する時間が長くることから安全・衛生上のリスクが気になるところです。そこで汎用的に用いられる材料の異なる3種類のマスクから放散するガス成分の定性評価を行いました。その他、各種、工業材料の放散ガス、加熱発生ガス分析を行います。是非、お問合せください。
No.1902 グルタルアルデヒド濃度の測定
RoHS指令対応 フタル酸エステル類分析
click!
「空気中のグルタルアルデヒドの濃度が0.05 ppmを超える場合には、有効な呼吸用保護具、保護眼鏡等を使用させることにより労働者のばく露防止を図るとともに、0.05 ppmを超えないようにするため、有効な措置を講じること」との通達が出されており、「濃度の実測と低減化」が医療機関において必要になっています。
No.1901 シックハウス 〜化学物質濃度の指針値改正〜
RoHS指令対応 フタル酸エステル類分析
click!
シックハウス対策に係る法令等は2003年の建築基準法の改正以来、一部条文の構成等の変更を経て現在に至っています。 2019年1月に、厚生労働省によりシックハウス原因物質の室内空気中濃度の指針値が改正され、フタル酸ジブチル(DBP)やフタル酸2-ジエチルヘキシル(DEHP)、キシレンの指針値が、従来より低い数値に設定されました。
ポスター資料 臭気分析:官能試験法とクロマトグラフィー
臭気分析:感応試験法とクロマトグラフィー
click!
臭気原因は、複数の成分による「複合臭気」であることがたびたびあります。東レテクノでは、クロマトグラフィーと官能試験を組み合わせることにより、臭気の原因究明と対策提案を行います。
No.1310 作業環境測定の管理区分について

click!
作業環境測定では、「A測定」と呼ばれる測定と、「B測定」と呼ばれる測定を実施し、その測定結果より『管理区分』を決定し、作業環境が適切な状態に管理されているかを評価します。
No.1306 作業環境測定(がん原性物質、変異原性物質、ナノマテリアル等)

click!
労働安全衛生法以外で作業環境測定が求められている物質および作業場について紹介いたします。
No.1305 作業環境測定

click!
労働者の健康を保持するために、労働安全衛生法では事業者の義務として作業環境測定及びその結果を記録し ておかなければならないことと規定されています。
No.1002 ナノ粒子濃度の計測

click!
ナノ粒子を種々の工業材料や半導体素子など産業に適用する動きは近年特に加速していま す。ISO/TS 27687:2008 では、「ナノスケール」(nanoscale):およそ1nm から100nm までの大 きさの範囲、「ナノ粒子」(nanoparticle):3つの次元(たて・よこ・高さ)のサイズがナノ スケールである物質、と定義されています。
No.0805 変異原化学物質の分析

click!
近年、多岐に渡る化学物質が開発され、ほ乳類の染色体に対して変異原性を持つ物質が多く使用されるようになり、それらを製造・利用する事業所の労働者の健康に対する影響が懸念されています。この現状に対し厚生労働省では、変異原性が認められた化学物質の取り扱いについて(基発第0309003号,平成18年3月)」を発令し、変異原性が認められた化学物質500種以上を指定し、事業者に対して「作業環境測定の実施と記録の保存」を求めています。
 
 > 材料分析
 > 環境調査
 > 水質分析
 > 作業環境
 > バイオマス
 > 土壌・廃棄物分析
 > 学会・論文発表
当社の営業業務を親会社の東レリサーチセンターに移管しました。
お問い合わせはこちら
(東レリサーチセンター)
電話でのお問い合わせ
(東レテクノ)
077−537−1384
FAXでのお問い合わせ
(東レテクノ)
077−533−8659
ご利用条件 プライバシーポリシー サイトマップ
COPYRIGHT 2021 TORAY TECHNO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED