東レ株式会社

 
HOME 技術情報 >バイオマス
■技術情報 (バイオマス)
 東レテクノは近年、注目を浴びているバイオマス利活用分野での評価・分析を実施しております。
 分析事例をご紹介します。
技術資料 化学物質の入口から出口まで(関連技術編)
化学物質の入口から出口まで(関連技術編)
click!

化学物質は、その有用性のため、文具、衣類等々の我々の身の回りの製品を製造する上で欠かせない存在です。しかしながら、化学物質の中には、使い方に配慮しなければ、人や動植物あるいは環境に対して悪影響を及ぼす物質があるのも事実です。
人や動植物あるいは環境に対する悪影響を規制するため、化学物質が製造・輸入されてから廃棄されるまでには種々の法律や規格があります。弊社では各種の法律や規格について、必要な各種測定・評価およびコンサルティングなどの業務を行っています。このたび、種々の法律や規格に関し、「化学物質の入口から出口まで」と題し、関連技術編を作成しました。

技術資料 化学物質の入口から出口まで(概説編)
化学物質の入口から出口まで(概説編)
click!

化学物質は、その有用性のため、文具、衣類等々の我々の身の回りの製品を製造する上で欠かせない存在です。しかしながら、化学物質の中には、使い方に配慮しなければ、人や動植物あるいは環境に対して悪影響を及ぼす物質があるのも事実です。
人や動植物あるいは環境に対する悪影響を規制するため、化学物質が製造・輸入されてから廃棄されるまでには種々の法律や規格があります。弊社では各種の法律や規格について、必要な各種測定・評価およびコンサルティングなどの業務を行っています。このたび、種々の法律や規格に関し、「化学物質の入口から出口まで」と題し、概説編を作成しました。

No.1401 バイオマスの評価 リグニンの定量分析

click!
リグニン(Lignin)はフェノール性の高分子化合物であり、セルロースと共に陸上高等植物の主成分です。この循環可能な芳香族資源を、工業原料として利用する試みがなされています。  東レテクノ(株)はバイオマス由来リグニンの利活用を推進する皆様に、木質、草本のリグニンの定量分析をご提案しております。
No.1308 腐植物質(フルボ酸、フミン酸)の分析について

click!
腐植物質とは,生物の死後,生物体有機物が微生物的・化学的作用を受けて崩壊して生じた「化学構造が特定されない有機物(非生体有機物)」の総称と言われており、コノノワ(Kononova)は、「腐植酸(フミン酸),フルボ酸,ヒューミン,ヒマトメラン酸」に分類し,熊田は「土壌の腐植物質は土壌中の暗色有機物であって,土壌という条件下で生物遺骸の分解に伴って生じた独自の性格をもった存在物である」と述べています。
No.1304 バイオマス利活用分野 受託分析メニュー

click!
バイオマス資源のエネルギー利用は、温室効果ガス削減対策、持続的エネルギー資源確保または地域循環社会形成等の多様な期待がもたれ、様々な方面で研究開発または実証化実験が行われています。一方で、バイオマス由来のセルロースやリグニンを用いた材料の開発、すなわちバイオベースマテリアルの開発が実用化に向けて取り組まれています。
東レテクノは、木や草、または藻類などの非可食系バイオマスの化学分析で、バイオマス資源の利活用を推進するお客様の研究開発支援をご提案致します。
No.1303 木質・草本系バイオマス利活用 研究開発支援

click!
バイオマス資源のエネルギー利用は、温室効果ガス削減対策、持続的エネルギー資源確保または地域循環社会形成等の多様な期待がもたれ、様々な方面で研究開発または実証化実験が行われています。一方で、バイオマス由来のセルロースやリグニンを用いた材料の開発、すなわちバイオベースマテリアルの開発が実用化に向けて取り組まれています。
東レテクノは、木や草、または藻類などの非可食系バイオマスの化学分析で、バイオマス資源の利活用を推進するお客様の研究開発支援をご提案致します。
No.1302 バイオマスの構成糖分析

click!
地球上の植物により最も豊富に生産されている有機物、それが糖質です。糖質の多くは多糖として木、草、微細藻類などのバイオマス中に、セルロース、ヘミセルロース、デンプンなどとして含まれます。これら多糖を変換して、エネルギーやマテリアルに利用する試みがなされていますが、まず原料とするバイオマスの糖の組成を調べることが研究開発の第一歩といえます。東レテクノ(株)では、各種バイオマスの多糖の質と量を調べる構成糖分析を実施しております。
No.1301 中性糖の分析

click!
糖質は地球上に広く存在する有機物であり、食品、医療、工業材料の分野で我々の生活に欠かせない物質です。特に最近では、バイオマス中の糖質(デンプンやセルロースなど)のエタノール変換を代表として、再生可能エネルギーの資源物質としても注目されています。様々な構造を持つ糖質ですが、その基本骨格となる中性糖の定量について紹介いたします。
No.0303 植害試験(植物に対する害に関する栽培試験)

click!
植害試験とは、肥料や土壌等に含まれる重金属等の有害性を、植物の生育状況を観察することにより総合的に判断するものである。
No.0302 セルロース

click!
セルロースとは、植物の細胞壁の主成分で、地球上に最も存在量が多い高分子であり、(C6H10O5)nと非常に巨大な分子構造をしている。樹木は、その7割がセルロース類で構成され、セルロースどうしが絡まり束になって強い細胞組織を作っている。
 セルロースは、グルコースが結合した多糖類の一種で、不溶性だが親水性が強く、化学的に安定し加水分解しにくい。しかし、安定なセルロースも酵素や濃酸・アルカリによって分解され、目的に応じて溶解性や親水性と疎水性バランスを比較的容易にかえることができ、工業用品や食品など幅広い用途がある。
 
 > 材料分析
 > 環境調査
 > 水質分析
 > 作業環境
 > バイオマス
 > 土壌・廃棄物分析
 > 学会・論文発表
当社の営業業務を親会社の東レリサーチセンターに移管しました。
お問い合わせはこちら
(東レリサーチセンター)
電話でのお問い合わせ
(東レテクノ)
077−537−1384
FAXでのお問い合わせ
(東レテクノ)
077−533−8659
FAXでのお問い合わせ
077−533−8659
ご利用条件 プライバシーポリシー サイトマップ
COPYRIGHT 2021 TORAY TECHNO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED